日本のX線天文衛星の歴史

ASTRO-Hの挑戦 プロジェクトについて

日本のX線天文衛星の歴史 世界をリードする日本のX線天文学

X線天文学は、実は比較的新しい学問です。1962年、リカルド・ジャッコーニ、ブルーノ・ロッシらが行った観測ロケットによる実験によって、はじめて太陽系外からのX線が捉えられたのが始まりでした。観測が本格化したのはX線観測装置を積んだ科学衛星が打ち上げられるようになった1970年代に入ってからのことです。 日本はX線天文学の黎明期からこの分野に取り組み、世界をリードしてました。1979年の「はくちょう」にはじまり、「てんま」「ぎんが」「あすか」「すざく」と、日本はこれまで5台のX線天文衛星を打ち上げ、数多くの業績を上げています。

日本のX線天文衛星
名称 打ち上げ日 サイズ/重量
はくちょう
(CORSA-b)
1979年2月21日14時00分
(M-3Cロケット4号機)
0.75m×0.75m×0.65m
/約96kg
日本初のX線天文衛星。X線バースト源を始めとするX線天体の広帯域スペクトルと強度変動の観測を行う。
てんま
(ASTRO-B)
1983年2月20日 14時10分
(M-3Sロケット3号機)
0.94m×0.94m×0.89m
/約216kg
エネルギー分解能の向上を図るためにガス蛍光比例計数管をX線天文衛星として初めて採用。X線天体のエネルギースペクトルの精密観測、およびガンマ線バーストの観測を行う。
ぎんが
(ASTRO-C)
1987年2月5日 15時30分
(M-3SIIロケット3号機)
1.0m×1.0m×1.5m
/約420kg
エネルギー分解能を重視した「てんま」に対して、感度を重視する設計とし、高精度でX線天体を観測する為に日本の科学衛星としては初めて三軸制御を導入した。
ブラックホール・中性子星・超新星・活動銀河核・ガンマ線バーストなどの宇宙X線源の観測。
あすか
(ASTRO-D)
1993年2月20日 11時00分
(M-3SIIロケット7号機)
約420kg
日本の衛星としては初めてX線望遠鏡およびX線CCDを搭載。格段に広い観測波長域と視野を得た。宇宙の化学的進化、ブラックホール、宇宙における粒子加速、ダークマター(暗黒物質)の分布と質量、宇宙X線背景(CXB)放射等の観測
すざく
(ASTRO-E2)
2005年7月10日12時30分
(M-V 6号機)
6.5m×2.0m×1.9m
/約1700kg
5つの軟X線望遠鏡と1つの硬X線望遠鏡を搭載。「あすか」のX線CCDより感度、視野ともに向上。X線カロリメーターによる高エネルギー分解能観測を行う予定だったが、トラブルにより観測は行われず。宇宙論的な遠距離にある天体のX線観測、宇宙の高温プラズマのX線分光観測等を行う。

このページのトップへ