第17回ASTRO-H設計会議

2013年2月18、19日、茨城県つくば市の筑波宇宙センターにおいて、第17回ASTRO-H設計会議が行われました。この会議ではASTRO-Hの製作に携わる各機器メーカーと、国内外の研究機関の関係者が集まり、ASTRO-H搭載機器開発の現状の報告と、今後のスケジュールの確認が行われました。
衛星への搭載に向けて観測装置の製造が着々と進んでおり、各セッションでは、それぞれの進捗の詳細な報告と共に、間違いなく衛星に組付けられるのか、あるいは、お互いがきちんと動作するためにはどのような試験を行ったらよいかなど、盛んな議論が取り交わされました。
20130218

このページのトップへ