SXSの試験が行われました。

チームメンバーはクリーン服に身を包み、真剣に QL 画面をみていきます。QL とは Quick Look の略で、検出器からの信号をリアルタイムでモニターし、確認していく事を指します。(記録されたデータを再生・確認することは DL と言っています。)

試験では、想定通りのデータが出てきているか、エラー信号は出ていないか、温度・電源・ノイズは大丈夫か、本当に怪しいところはないか、など様々なことを意識しながら、検出器の動作をチェックしていきます。

人の動きの少ない、しかし、真剣な勝負の一場面です。

20140519

このページのトップへ