ASTRO-H熱真空試験が始まりました

ASTRO-H衛星が無事組みあがり、次は「熱真空試験」です。この試験では巨大な真空槽中で模擬太陽光をあてるなど、実際の宇宙空間を模擬して、本当に宇宙空間でも想定通りに動作するかの確認を行ないます。8mの巨大な衛星よりさらに大きな真空槽の直径はなんと13m。4階建てのビルと同じ高さです。この中に衛星を入れ、3週間の熱真空試験が始まりました。

20150619

このページのトップへ