ASTRO-Hフェアリング結合

ロケットの先端の鉛筆のようにとがった部分は、フェアリングと呼ばれる衛星のカバーです。この日、ASTRO-Hはフェアリングがかぶせられ、ロケット内に収納されました。もうASTRO-Hの姿を直接見ることはありません。

次にASTRO-Hからフェアリングが外されるのは、打上げ4分後です。

20160126

このページのトップへ