50 mK達成!

SXS は無事に検出器の温度 50 mKを達成しました。SXSは、常温だと熱による雑音に埋もれてしまうくらい微弱な信号を検出します。そのため、極低温に冷やす必要があります。50 mKまで冷やされた検出器システムの雑音は予定通りの小ささで、SXSは試験動作の準備が整いました。

このページのトップへ