SXS チームがNASA SXS CDRをパスしました。

8月から詳細設計に間違いがないかを確認する審査会 (Critical Design Review; CDR)が始まっています。 ASTRO-Hプロジェクトでは、自己点検を兼ねた検討会を経て、 サブシステム毎にCDRが行われます。 一連のサブシステムのCDRが終わると、 次は全体を確認するシステムCDRへと移ります。 NASAやSRONなど、国際パートナーもそれぞれの機関で、 貢献する部分のCDRを行って開発を進めることになります。

今日、SXSチームがNASAのSXS CDRをパスしたという嬉しいニュースが舞い込みました。 写真のように、NASAのゴダード宇宙飛行センター(Goddard Space Flight Center)の 電光掲示板も”おめでとう”とお祝いしてくれました (photo by Dr. Richard Kelley)。

このページのトップへ