日本天文学会年会でAstroHセッションが開催されました。

日本天文学会で企画セッション 「X線天文衛星ASTRO-Hで拓く新世紀のサイエンス」が開催されました。 講演の内容は電波からガンマ線までの多波長観測、 および理論からのアプローチに関する幅広いもので、 また、対象とする天体も太陽系内天体から銀河団までの多岐にわたるものでし た。常時100名ほどの参加者があり、活発な議論が行われました。

このページのトップへ