望遠鏡(SXT-S)のプレコリメータが完成しました。

2012年4月21日に望遠鏡(SXT-S)の衛星塔載用のプレコリメータが完成しました。左側の写真は宇宙科学研究所D棟4階のクリーンルームの中で製作している様子です。プレコリメータとは望遠鏡の開口部に取り付けてX線の入射方向を制限し、観測したい天体以外からのX線を取り除くための装置です。円形の望遠鏡に取り付けるため、4分の1の扇型をした型枠に、右側の写真のように 203枚のアルミ薄板をスライドさせて、製作します。これを4個作成し、1台の望遠鏡に取り付けます。完成した板は、望遠鏡と同様にバウムクーヘン状になります。右側の写真がプレコリメータの完成品です!

左: プレコリメータの製作中 右: プレコリメータの完成品

左: プレコリメータの製作中 右: プレコリメータの完成品

このページのトップへ