EOBのTTM modelのベーキング

2012年5月7日、伸展式光学ベンチ(Extensible Optical Bench; EOB)の熱試験モデル(Thermal Test model; TTM)のベーキングが日本飛行機株式会社によって宇宙科学研究所で行われました。EOBは伸展すると約6mにもなる長いはしごのようなものです。その先に高エネルギー用の検出器を取り付けます。高エネルギーのX線を集めるためには、望遠鏡から検出器までの距離が12mも必要となるためです。EOBは伸展する前は1mほどの高さしかありません。今回その状態でベーキングしました。ベーキングの準備の様子を写真に示します。この後、EOBのTTMモデルは、ほぼ3日間、約60度Cで真空中に保管され、ベーキングされることにより、付着した様々な有機物の汚れが取り除かれました。その後、日本飛行機株式会社に戻され、そこでヒーターや温度センサー、熱制御材を取り付け、つくばの試験センターに輸送されます。

EOBを開梱したところ

EOBを開梱したところ

EOBを真空チェンバーに納めた所

EOBを真空チェンバーに納めた所

 

このページのトップへ