ASTRO-H打上げ成功!「ひとみ」と命名されました。

2月17日17時45分(日本標準時)、晴天の種子島宇宙センターからH-IIAロケット30号機でX線天文衛星ASTRO-Hが打ち上げられました。ロケットは正常に飛行し打ち上げ後14分15秒に衛星を分離、その後19時40分に衛星の電波が内之浦局で受信され、太陽電池パドルの展開が正常に行われたことを確認しました。詳しくは、以下のJAXAプレスリリースもご覧ください。
X線天文衛星(ASTRO-H)の太陽電池パドル展開及び衛星の名称について
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の軌道計算結果について

打ち上げ後、ASTRO-Hは「ひとみ」と命名されました。

この名前には、私たちの想いがこめられています。打ち上げ後の記者会見で、「ひとみ」プロジェクトマネージャの高橋は次のように話しました。

「ASTRO-H は、「熱い宇宙の中を観るひとみ」であることから、「ひとみ」と命名します。「竜を画いてひとみを点ず(画竜点睛)」の故事において、ひとみを描きこんだ途端に、竜が天に昇ったことから示されるように、物事の最も肝要なところ という意味に使われます。私たちはASTRO-H が、X線天文学において、物事を知るのに最も 肝要なミッションになってほしいという願いを込めました。瞳は、眼の中で光を吸い込む部分でもあります。その観点では、光すら吸い込んでしまうブラックホールは宇宙の瞳であるともいえます。宇宙の瞳を「ひとみ」で観測するのです。」

「ひとみ」は初期立ち上げや調整、試験観測などののち、世界に公開された天文台として活躍する予定です。皆さんに頂いた応援を糧に、がんばります。これからも、ご協力、ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

20160217_2

このページのトップへ