意外に静かだったペルセウス座銀河団中心の高温ガス

ひとみに搭載された軟X線分光検出器(SXS: Soft X-ray Spectrometer)はぺルセウス座銀河団を観測し、銀河団中心部のガスの運動をはじめて測定することに成功しました。本研究成果は、7月7日付英国科学誌Natureに掲載されました。

詳細については、JAXAページをご覧ください。また、NASA/GSFCからもリリースが出ています。

このページのトップへ