開発メンバー

ステアリングコミッティ:

  • 高橋忠幸 (JAXA) – 全体責任者/プロジェクトマネージャー
  • 大橋隆哉 (Tokyo Metropolitan U / JAXA) – プロジェクトサイエンティスト
  • Richard Kelley (GSFC) – US 責任者
  • Rob Petre (GSFC) – US プロジェクトサイエンティスト
  • 満田和久 (JAXA) – SXS PI
  • 小山勝二 (Kyoto U) – シニアアドバイザー
  • 牧島一夫 (Tokyo U) – シニアアドバイザー
  • 國枝秀世 (Nagoya U) – シニアアドバイザー
  • Meg Urry (Yale U) – シニアアドバイザー
  • Arvind Parmar (ESA) – シニアアドバイザー

Science Advisors:

  • Andy Fabian (Cambridge U) – Chair
  • Jon Miller (Michigan U) – Vice-Chair
  • Felix Aharonian (DIAS/MPIK)
  • Mark Bautz (MIT)
  • Paolo Coppi (Yale U)
  • Jack Hughes (Rutgers U)
  • Jelle Kaastra (SRON)
  • Tetsu Kitayama (Toho U)
  • Knox Long (STScl)
  • Maxim Markevitch (NASA/GSFC)
  • Shin Mineshige (Kyoto U)
  • Frits Paerels (Columbia U)
  • Christopher Reynolds (U Maryland)

サブシステムリーダー:

  • 峯杉賢治 (JAXA) – バスコンポーネントリーダー
  • 堂谷忠靖 (JAXA) – ミッションコンポーネントリーダー

SXS – Soft X-ray Spectrometer

  • 満田和久 (JAXA) – リーダー
  • Richard Kelley (GSFC) – US リーダー
  • 藤本龍一 (Kanazawa U) – サブリーダー
  • 杉田寛之 (JAXA) – サブリーダー
  • 石崎欣尚 (Tokyo Metro U) – サブリーダー
  • Scott Porter (GSFC) – Instrument Scientist
  • Caroline Kilborne(GSFC) – Instrument Scientist

SXT – Soft X-Ray Telescope

  • Peter Serlemitsos (GSFC) – リーダー
  • 岡島崇 (GSFC) – サブリーダー

HXT – Hard X-Ray Telescope

  • 粟木久光 (Ehime U) – リーダー
  • 石田学 (JAXA) – サブリーダー
  • 松本浩典 (Nagoya U.) – サブリーダー

SXI – Soft X-ray Imager

  • 常深博 (Osaka U) – リーダー
  • 堂谷忠靖 (JAXA) – サブリーダー
  • 鶴剛 (Kyoto U) – サブリーダー
  • 林田清 (Osaka U) – サブリーダー

HXI – Hard X-ray Imager

  • 中澤知洋 (Tokyo U) – リーダー
  • 国分紀秀 (JAXA) – サブリーダー
  • 佐藤悟朗 (JAXA) – サブリーダー

SGD – Soft Gamma-ray Detector

  • 田島宏康 (Nagoya U) – リーダー
  • 深沢泰司 (Hiroshima U) – サブリーダー
  • 渡辺伸 (JAXA) – サブリーダー

CAMS – Canadian ASTRO-H Metrology System

  • Luigi Galo (Saint Mary’s University) – カナダ側リーダー
  • Manabu Ishida (JAXA) – 日本側リーダー

ソフトウェア・キャリブレーション

  • 寺田幸功 (Saitama U) – リーダー
  • Lorella Angelini (GSFC) – USリーダー
  • 澤田真理 (Aoyama Gakuin U) – Instrument Scientist (SXS)
  • Michael Loewenstein (GSFC) – Instrument Scientist (SXS)
  • 信川正順 (Nara Women’s U.) – Instrument Scientist (SXI+SXT)
  • Eric Miller (MIT) – Instrument Scientist (SXI+SXT)
  • 高橋弘充 (Hitoshima U.) – Instrument Scientist (HXI+HXT, SGD)
  • Tahir Yaqoob (GSFC) – Instrument Scientist (HXI+HXT)
  • Hans Krimm (GSFC) – Instrument Scientist (SGD)
  • 山口弘悦 (GSFC) – Instrument Scientist (Generic)

Calibration Advisory Committee

  • 石橋和紀 (Nagoya U.) – リーダー
  • Rob Petre (GSFC)
  • Jan-Williem Den Herder (SRON)

運用プランニング

  • 石田学 (JAXA) – リーダー

地上系

  • 小川美奈 (JAXA) – リーダー

データアーカイブ

  • 海老沢研 (JAXA) – リーダー

Geant4/電子回路

  • 尾崎正伸 (JAXA) – リーダー

サイエンスオフィス

  • 大橋隆哉 (Tokyo Metro U) – リーダー
  • Richard Mushotzky (U Maryland) – US リーダー
  • 松下恭子 (Tokyo U Science) – サブリーダー

サイエンスオペレーション

  • 中島真也 (JAXA) – リーダー代理

EPO

  • 馬場彩 (Aoyama Gakuin U) – リーダー
  • Barbara Mattson (GSFC) – US リーダー

プロジェクト事務局

  • 国分元秀 (JAXA) – リーダー
  • 夏苅権 (JAXA)
  • 和田篤始 (JAXA)
  • 佐藤理江 (JAXA)
  • 佐藤悟朗 (JAXA)

ASTRO-Hは、これまでのX線天文衛星と比べて規模が大きく、衛星開発には非常にたくさんの方々の力が注がれています。2014年にSPIEに発表した衛星全体を記述した論文には、254人の著者が並んでいます。この他に参加大学の多くの大学院生が貢献しています。X線コミュニティが一体となったばかりではなく、熱、構造、姿勢制御、電源など、宇宙科学研究所の工学グループやJAXA研究開発本部の多くのエンジニアの方々の力をあわせてASTRO-Hの開発が行われてきました。また、プロジェクト遂行にあたって、JAXAや参加機関の様々な部門の方々に多大な協力をいただいています。ここには、ASTRO-Hプロジェクトの中の各チームのリーダーとサブリーダーをまとめました。

このページのトップへ